お子さんと同じレベルにいるから、イラつくのではありませんか?

親子の関係に限った話ではなく、人間関係のトラブルというのは大体「相手と自分が同じレベル」だからこそ起こるものです。

 

 

親子でケンカすることなど別に珍しい話ではありませんが、ケンカの真っ最中とかは、親も子どもも「同じレベル」で争っているわけで、結果、お互い感情的になり、目が血走り、エゲつないワード乱発で応戦して終了です。

 

 

張本人たちは周囲を尻目に本気モード入っているので自覚などしていないでしょうが、それを聞かされる周囲にいる方々は辟易するだけですし、どれだけ正論を並べて論破したとしても、結局はどっちもどっちな結末になるだけです。

 

 

そこで、親御さんに敢えて考えてほしいんです。

 

 

相手の未熟さを、かつて自分も通った道だと受け入れ、辛抱強く見守ろうという、大人の意識に基づいた対応をすれば、ケンカにはならないんです。

 

 

相手も、自分とは違う「落ち着いた」感情レベルで働きかけてくれるあなたを「一段高いレベル」だと認識するんです。

 

 

違うレベルに視点を置いてみるだけで、親子関係を含めた人間関係は、良い方向に一瞬で変えられることもあると思いますよ。

 

 

今日もためになったと思う方、愛のポチリお願いします↓