高学歴ほど低い「病気リスク」…収入は関係なし。

読売オンラインに興味深い記事が挙がっていたので、取り上げてみます。

 

 

ただ恐縮なことに、夏期講習の準備で悲鳴を上げているため、あまり私のコメントを書いている余裕がないので、そこはご容赦下さい…。。。

 

------------------------------------------------------

 

生涯で心筋梗塞こうそくや脳卒中になるリスクは収入に関係なく高学歴の人ほど低い――。

 

 

米国の約1万4,000人を20年以上追跡した大規模調査を、ミネソタ大学の久保田康彦・客員研究員(公衆衛生学)が分析したところ、収入よりも学歴が健康格差を生む可能性が浮かんだ。分析結果は、米国の医学専門誌電子版で発表された。

 

 

45~64歳の男女1万3,948人を学歴や収入でグループ分けし、45~85歳までに心筋梗塞、心不全、脳卒中といった循環器疾患を発症するリスクを算出した。

 

 

学歴別にみると、最終学歴が高いほど循環器疾患の発症リスクは下がり、大学院卒が最も低かった。高校中退者の発症リスクは50.5%と2人に1人。高卒の41.7%に比べ約10ポイントも高く、高校教育を終えたかが健康格差の分かれ目となることがうかがわれた。高校以上を卒業しているかどうかと収入の高低による発症リスクを比べると、高卒以上で低収入のほうが、高卒未満で高収入よりもリスクが低かった。

 

------------------------------------------------------

 

こういうところに、教育の差というのが出てくるんですねぇ…。

高学歴な方ほど、健康に気を遣っているのかもしれませんね。

 

 

長い目で見るなら、教育に対する投資というのは、社会保障費を下げる傾向につながってくるんだと思われます。

 

 

個人的に思っただけですが、親が高収入だと小さい頃から体に良いものを食べる習慣があったとか…?とか仮説を立ててみたりしたけど、実際はどうなんでしょうね(笑)

 

 

アメリカだと、教育格差で日本より遥かに食べ物に差が出やすいですし…。

親の収入も無関係ではないでしょうけど、教育には勝てないと思います。

 

 

読者の皆さん、今日も愛のポチリありがとうございます↓