高校部 e数学ラボ(数学専門予備校)

数学は、誰でも優等生!

高校数学は予習をしなければ、ほぼ間違いなく「数学難民」となって、進路選択や大学受験にかなり大きな悪影響を及ぼします。国公立大学進学は完全にアウトです。

 

 

一方で、きちんと予習をすれば、レベルに関係なく誰でも「優等生」になれるんです!

お子さんの将来設計を考えるのであれば、絶対に数学をモノにさせるべきです。

 

 

e数学ラボでは、映像教材PVL(Perfect Voice Letter)での”数学そのものの学習”だけではなく、正しい数学の学習姿勢を身に付け最終的には生徒自身が自己解決できるように指導することを目標としています。

 

 

”ゆとり教育”により、学習に対する取り組み方を知らない生徒たちが増えてしまいました。

 

 

 ・小手先のテクニックで問題を解こうとする。
 ・途中過程を考えようとせず、答えのみを覚えようとする。
 ・分かったつもりで、先に進もうとする。

 

 

さまざまな問題点があるでしょう。

でも、その生徒たちは取り組み方を知らないだけです。

 

 

e数学ラボの先行学習は、セルフラーニングを促進していく過程で自立した精神をも磨き上げます。
成績の向上は、自立した精神の成長に比例します。

 

 

未知なるものに十分な思考のもと、突き進んでいける自立した精神こそが、粘り強さと望むべき結果を与えてくれます。

 

 

自立した精神を手にした生徒からは、自身に満ちあふれた最高の笑顔が輝いています。

そんな生徒たちを生み出すことができるのは、数学ラボだけです!!


e数学ラボの数学指導は?

中学生から大学受験までプロ講師が責任指導します

e数学ラボの映像教材PVL(Perfect Voice Letter)は、これまでの映像教材の欠点を補ったマンツーマン指導専用の教材です。

受験数学のプロ講師が、中学生から大学受験まで責任を持って指導します。
ひとりの講師が全ての講義を受け持っていますので、講師のクセなどにより受講時に生徒が戸惑うこともありません。

安心して学習に集中できるように制作されています。

※映像教材PVLのサンプル動画

【ご注意】 音声が流れますので、音量にご注意下さい。

映像教材 Perfect Voice Letterの特長

マンツーマン指導専用教材

一斉指導を録画した他の映像教材と異なり、個別指導のために不要なパフォーマンスを排除して板書と安心感を与える音声で語りかけて「わかる」「とける」そして「使える」数学を紐解きます。

 

 

つまずきのない数学指導

教授は、中学数学から大学入試までを大学受験のプロ講師が1人で責任指導します。
だから、進級の度に起こる教師交代による戸惑いや、学習の内容や進度が変わる中学数学から高校数学への切り替わり時の不安や躓きがありません。

 

 

中高一貫校の特殊カリキュラムにも完全対応

中高一貫校では、これまでの教科書の配列とは異なる学習領域ごとにまっすぐ学習する特殊な教材を使っています。
希望の講義を教室で自由に割り当てられるシステムだから完全学校準拠で予習が組めます。
もちろん教科書が学校ごとに異なる高校でもバッチリ入試レベルで予習を完成する先攻学習が組めます。

 

 

【予習復習】 ライブ講義に匹敵する緊張感を生むプログラム構成

映像教材の最大の敵は、受身になるために生じる睡魔です。
プロ講師の授業は、例題解法の直後に問題演習を導入することで睡魔も吹き飛ぶ積極的な学習姿勢と確実な理解を実現します。

 

 

【速習学習】 苦手なところ知りたいことをピンポイント教授

例えば、数Ⅱ(三角関数)の学習には数Ⅰ(三角比)の知識が必要です。
従って、苦手な生徒には、短期間で数Ⅰの復習を行わせます。
e数学ラボでは、数学教師でなくても判定テストを用いることで学生講師の指導下でも直感に頼らない確実な速習学習をプロ講師の教授で実現します。

 

 

【受験対策】 豊富なセンター試験過去問による単元別徹底演習

過去問の再出題が解禁されたセンター試験では過去問の研究は重要です。
これまでのセンター試験の過去問のほとんどを分析して単元別に必修問題(各章4 回)と強化問題で構成しています。
十分すぎる演習量で実戦力の確認と強化を行います。

 

 

数学を解き、自立した学習姿勢を説く講義

プロ講師の講義は、数学の知識を教授して問題を解くだけでなく学習姿勢も説きます。だから、授業を重ねるごとに学習が積極的になり、自ら問題と向き合い楽しむ意思が生まれてきます


あなたのお子さんを復活させる学習カリキュラム

S50 速習による復習教材

Sシリーズは、速習による復習教材ですが、プロ講師の講義は、診断テストの解法解説だけでなく、ニガテ意識や不安を払拭するために先ず単元の基本事項(公式や定理など)をきちんと再確認することから始まります。
だから数学に自信を無くした生徒も安心して受講することができます。

また、Sシリーズを予習に用いれば、生徒会や部活等で時間の確保が難しい高校生の学校授業の予習を効率的に仕上げることができます。
教科書の学習をきちんとすることで指定校推薦枠の獲得に必要な内申点アップが実現できます。

高校数学S50 (講義時間目安: 約50分)

数学I 第1章 方程式と不等式 5 第2章 2次関数 4 第3章 図形と計量 5
数学A 第1章 場合の数と確率 9 第2章 論理と集合 3 第3章 平面図形 8
数学II 第1章 式と証明 3 第2章 複素数と方程式 3 第3章 図形と方程式 7
第4章 三角関数 10 第5章 指数関数・対数関数 5 第6章 微分法・積分法 6
数学B 第1章 平面上のベクトル 9 第2章 空間ベクトル 5 第3章 数列 6

   

R30 Sシリーズの強化問題


Rシリーズは、Sシリーズの強化問題で双方は完全にリンクしています。
Sシリーズの学習だけでは不安を感じるときに用います。
Sシリーズを受講していることを前提として構成されていますので、プロ講師の講義は問題の解法解説に徹しています。

高校数学R30 (講義時間目安: 約30分)

数学I 第1章 方程式と不等式 5 第2章 2次関数 4 第3章 図形と計量 5
数学A 第1章 場合の数と確率 9 第2章 論理と集合 3 第3章 平面図形 8
数学II 第1章 式と証明 3 第2章 複素数と方程式 3 第3章 図形と方程式 7
第4章 三角関数 10 第5章 指数関数・対数関数 5 第6章 微分法・積分法 6
数学B 第1章 平面上のベクトル 9 第2章 空間ベクトル 5 第3章 数列 6

   

CP30 センター試験単元別実戦力育成・強化

これまでセンター試験に出題された全問題を分析・分類して、単元別に必修編(各4回)と強化編とで構成しています。
この豊富な問題で納得できるまで演習して入試実戦力を育成、そして強化します。
また、CPシリーズのプロ講師の解法解説は、論理的にひとつひとつ積み上げていくK/Sシリーズの講義と異なり、限られた時間の中で確実に点を取るための受験テクニックとアドバイスを豊富に盛り込んでいます。
従って、受験基礎力(公式や定理など)が身に付いていることを前提として使用します。
基礎力に不安を持つ生徒には、CPシリーズ受講前にSシリーズや公式集で基本知識の復習を行なってから取り組む事をお奨めします。

センター試験対策 CP30[必修 (講義時間目安: 約30分)

数学I 第1章 方程式と不等式 4 第2章 2次関数 4 第3章 図形と計量 4
数学A 第1章 場合の数と確率 4 第2章 論理と集合 4 第3章 平面図形 4
数学II 第1章 式と証明・高次方程式 4 第2章 図形と方程式 4 第3章 三角関数 4
第4章 指数関数・対数関数 4 第5章 微分法・積分法 4  
数学B 第1章 ベクトル 4 第2章 数列 4

 

センター試験対策 CP30[強化] (講義時間目安: 約30分)

数学I 第1章 方程式と不等式 2 第2章 2次関数 11 第3章 図形と計量 14
数学A 第1章 場合の数と確率 20 第2章 論理と集合 5 第3章 平面図形 7
数学II 第1章 式と証明・高次方程式 6 第2章 図形と方程式 18 第3章 三角関数 9
第4章 指数関数・対数関数 6 第5章 微分法・積分法 16  
数学B 第1章 ベクトル 16 第2章 数列 11


必修編は、4回の講義でその省の代表的な問題と解法に必要な公式や定理などをカバーします。
強化編には、必修編に収録できなかった過去問を掲載しています。
可能であればすべての問題の攻略をお奨めしますが、学習時間の制約がある場合は必修編の学習で不安のある章を納得できるまで演習します。

 

CM120 センター試験実戦力完成

センター試験対策の仕上げとして、センター試験の過去問を年度別にそのまま使って実戦演習をします。
講義は、問題の解法解説だけでなく問題評価や時間配分等の戦術を立てて実戦力を完成します。

センター試験年度別攻略 CM120[強化] (講義時間目安: 約120分)

数学IA 2006年度 2007年度 2008年度 2009年度
2010年度 2011年度 2012年度  
数学IIB 2006年度 2007年度 2008年度 2009年度
2010年度 2011年度 2012年度  

 


受講者インタビュー

問題を解くのが楽しくなった!

 

これまで、私は数学がいちばん苦手な科目でした。教科書を読んでも学校の授業を受けても部分的にしか理解ができず、問題を解くことができませんでした。

 

e数学ラボで勉強をするようになって、基本の部分からちゃんと身に付けられるので、どんどん問題を解くことができるようになりました。

 

ひとつの問題を解くことができると楽しくなって、次の問題もチャレンジしてみよう!と頑張れます!

(県立船橋高校 男子)

定期テストの成績が上がった!

 

中間テスト、期末テストの時期が来ると、いつも「また数学の点数が悪かったらどうしよう・・・」と悩んでいました。友達に勉強のやり方を聞いても、自分にはあまり合わない方法だったりして数学の勉強をするのがイヤになっていました。

 

塾に行ったら、「e数学ラボで基本から勉強してみてはどうかな?」と先生に勧められてとりあえずやってみました。

 

最初は分からない部分もあったけれど、繰り返し勉強していくうちに勉強のやり方も身に付いてきたみたいで、どういうやり方が自分に合っているのかも分かるようになりました。

 

基本はバッチリe数学ラボで勉強しているので、定期テストの成績が上がって嬉しいです!もっと頑張ってみようと思います!

(県立千葉東高校 女子)

 

自信が付きました!

 

私は高校2年生の冬から数学を学習しました。それまでは予備校に通っていたのですが、学力は伸びず、授業では難しい問題の解法をノートにとるだけで終わっていました。

 

e数学ラボでは「基礎を固めれば自然と学力は伸びる。」と言われ、学校で使っていた問題集を基本からすべて解きました。先生が解き方の筋道、方向性を教えてくれたのがよかったです。

 

そして、実際自分で問題を解き、たくさん質問をして、基礎を積み上げ直していったのが一番力になったと思います。問題集をすべて解いた、という達成感も自信につながりました。

 

また、それまで不得意な単元だった数列を友達に教えてあげたとき「とっても分かりやすい」と言われたことも自信につながりました。

(県立薬園台高校 男子)

部活やっても、勉強もできた!

 

部活をやっていると、どうしても疲れてしまって勉強をすることができませんでした。

 

でも、周りの友達の中には、部活もやりながら成績の良い人もいて「どうやったら、自分も勉強ができるんだろう?」と思っていました。

 

e数学ラボは塾の先生と相談しながら勉強の計画を立てられるので、部活が忙しくなってしまった時も別の時間で取り戻せるようにしています。

 

そのおかげで学校の授業についていけないという事も無くなったので、同じ部活の友達にe数学ラボを教えてあげました。今では、その友達と数学も一緒に勉強しています。

(市立千葉高校 男子)


親御さんからの声

大学受験に向けて希望の光

 

この2年間の数学の成績から判断して、大学受験に対する不安が少なからずありました。本人も何から手を付けて良いのか大変悩んでいた様子でした。

 

知人から、e数学ラボの導入されている塾を紹介され、塾の先生と現在の状況と今後の進め方について相談にのっていただきました。

 

高校3年生の4月からの受講開始でしたが、基本をきちんと抑えて夏休みを含めた対策を行った結果、模擬テストでは満足のゆく結果が得られました。

 

本人も「やれば自分にもできる!」と自信がついたようで、勉強にも身が入っている様子です。このまま、希望大学に進学できるよう、横から応援したいと思います。

(高校3年生のお母さん) 

 

中高一貫校ですが、安心してお任せ

 

苦労して入学した中高一貫校ですが、独自のカリキュラムが組まれているようで、かなり前倒しでの授業構成となっています。

 

数学はもともと好きな科目のようでしたが、学校ではなかなか質問もしずらいのか中途半端な理解のままここまで進んできてしまいました。

 

先の事を考えると、どうすることが本人のためになるのか分からず不安でした。

 

以前お世話になっていた学習塾に相談してみると、e数学ラボという新しい教材を奨められました。この教材は、まさに中高一貫向けにも適しているとのことで渡りに船でした。

 

本人も自分なりのペース配分をつかめたようで、数学の成績も徐々に上がってきました。今では、不安もなく安心してお任せしています。

(高校1年生の保護者)


e数学ラボ(数学専門予備校)のご相談や受講申し込みの際は、

 

○お子様のお名前(カナ含む)

○現在の学年

○保護者の方のお名前(カナ含む)

○ご通学されている学校名

○メールアドレス(携帯メールアドレス)

○電話番号

○お問い合わせ内容

 

をお書き下さい。

    

メモ: * は入力必須項目です

塾総合ダイヤル

047-401-2396   Phone    047-401-2549   Fax

(電話受付は17:00~21:00です